AH!広島ショップ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オーディオは楽しい
2009年 01月 21日 (水) 13:09 | 編集
オーディオは楽しい。

いまさらながら、長年オーディオと関わってきて、最近になってようやく「オーディオは楽しい」と思えるようになった。

オーディオは中学生の頃からの趣味だった。一オーディオファイルとしてさまざまな装置をとっかえひっかえ聴いてきた。色々なところに試聴にも行ったが、結局自分の手元において聴いてみないと納得もできなかった。ある時期には自分の思う音や音楽が聴けずにオーディオに絶望することもあった。
ひょんなきっかけから、音と響きを聴きわけること、にじみが少ない響きが綺麗な音楽が大切であることを理解した。そこに気づくとそれなりに納得の音楽が聴けるようになり、平行して素晴らしい装置にめぐり合うようになったのも不思議なものである。


かつての自分は音を中心に聴いていて、音楽を聴いてはいなかった。細かな音が聴こえると喜び、地を這うような重低音を凄いと思ったこともあった。小さなスピーカーで驚くような低音が出るバックロードホーンに感動したこともあった。後になってそれは遅れた低音のための量感であることに気づくのであるが・・・。けれどもそうした「音を聴くオーディオ」というものは、得てして長時間聴いていると不自然で疲れてくるのだった。

付帯音というものも、きちんと聴き分けていなかったのではないかと思う。「にじんだ音は嫌い」言いながらも、にじみを取り除く作業ではなく、高域を付け足すことを行っていた。明瞭な高域を「音がクリアーになった」喜んでいる自分がいた。
その際たるものがホーンスピーカーであった。ホーンでないとトランペットやサックス、シンバルの音は出ないと思っていた。WE16AやJBL375など良いといわれるものを所有し、音を追及し、それなりに満足もした。しかし、リアル感で言うなら、それはやはりホーンの音であり、リアルとはすこし違う、付け足した音だった。

アナログレコードの方がやはりCDよりも音がよい、と思っていた。
数値のことをいえば、CDとは20kHzまでしかでないから、と値をあげては豪語していた。先日、音声認識装置による実験に携った。オーディオ・楽器・人の声とも20kHzまで出ているものはほとんど無く、10kHz以上も少ないのが現実だった。どうにも数値上のスペックばかり気にしてしまう自分を情けないと思った。そして、20kHzという数値とはこだわることこそバカバカしい数値であることが、数値によって思い知らされた出来事だった。そこで再認識したのは、いわゆる数値上ではスピーカーはフルレンジで充分ではないか、よしんばツイーターを足すぐらいであれば満足のいく音が出るのではないかということだった。

アナログレコードとCDの音は確かに違う。だからといってそれをどちらがどれだけ優れていると比べることは、よっぽど無意味である。アナログは盤を針でこするので、そのノイズが乗り、つながりがよく聴こえ、CDには無い独特のよさがある。CDもAH!のCDプレイヤー、特にプロローグ8については、世界最速のオペアンプによりCDと思えない素晴らしいつながりを実現している。またクロックを含め全てをピンクノイズで統一することで、にごりの少ないバランスのとれた音を表現できている。なぜだか特に低音は素晴らしい。AH!による奇跡とも言うべきCDプレイヤーの進化だった。そしてAH!はおそらくこれからも進化が続いていくのだ。
こうしたプレイヤーを聴くにつけ、CDもアナログもそれぞれを個性として、音楽を楽しむことが出来るのだった。


なんでもそうだが、経験を積んでいけばそれまでの自分の常識が覆ることは多々ある。そして気づくか気づかないかは自身の心構え次第であろう。新しいことへの挑戦は、勇気もいり、知識も必要だ。そのことが自分の常識から離れていればいるほど、試みるのは難しい。だが、それにトライすると今までにないものを発見することができる。
挑戦もときに勘違いや思い込みに陥ってしまうこともある。それを回避するため、新しいものばかりに目をやるのではなく、古いものからも学ぼうとする必要がある。これに気づいたときに、私はオーディオへの絶望から抜け出せたと感じた。古いものだけに浸るのではなく、それを使い、応用し、新しいものと融合させることで、新たな発見や素晴らしい世界が見えてきた。
そして、ようやく「オーディオは楽しい」と思うに至ったのだ。


当店の試聴室の音は日々変化し、進化していると自負する。希望としてはどなたでも好んでもらえる音であるが、それはなかなか難しい。それでも最近ではお客様から当店に対し、勇気付けられるメールや試聴の感想をいただく。また尊敬する先達からのアドバイスもある。オーディオを通じ多くの人々と出会い、感謝に絶えない。
人もモノもそうだが、多くの関わりの中には別れも経験する。哀しいかな、出会いがあれば別れもあるのが世の習いだ。そのことが多くの人の幸せにもつながる、そう望める自分になりたいものだ。得も必要だが、損することも必要だと考える。自分だけが得をする世界はつまらない世界だと思う。「一方を聞いて沙汰するな」というように、考えを柔軟に持ちたいとも思うが、それにより知らず知らずに人を傷つけているのではと反省することも少なくない。このような私の話に傷ついたり、不快に思ったりする人もいることと思う。

こうした話もあくまで私が経験した出来事なので、ご勘弁いただきたい。ただ私の話から何かを発見してもらえるなら、嬉しい限りだ。
スポンサーサイト
当店の試聴室について
2008年 01月 18日 (金) 17:47 | 編集
AH!広島ショップは現在3つの試聴室を備えている。本格的な試聴をしたいと望まれるなら、一つ一つの部屋でゆっくり聴いてもらいたい。

一般のオーディオショップの試聴室は、ひとつの大きな部屋にいくつものスピーカー(以下SP)が混在している。そうした形に私は以前から疑問をもっていた。というのは音を出せばSP同士が干渉しあい、耳に届く音はそのSPのもつ本来の音と離れていると考えられるからだ。パッシブラジエーターというSPがあるが、これは複数のSPのうちアンプにつながっているのはひとつで、他のSPはアンプにつながっていなくても音がなる。これと同じ原理がひとつの部屋に複数のSPを置くことで生じてしまうのである。また、多くの人は自宅で音楽鑑賞をするわけであるから、できるだけそれに近い環境を作ることをめざしてもいる。様々なスペースの部屋にそれぞれひとつのSPを置き、各SP各アンプが色付けや干渉のない本来の音を出すことをめざし、試聴室のセッティングを行っている。

今までは私が考える最高の音を聴かせたいと切磋琢磨していたが、近頃そうしたやり方を改めるべきところもあるのではないかと思い始めた。解る人にわかって貰えればいいという考えは変えていく必要があると感じている。
一般のオーディオショップに比べると、というか、当店は一般のオーディオショップと簡単に比較できなくなっている気がするのだ。私がめざしている音が試聴者になかなか即座に理解が得られないこともよくある。38cmウーハーでないとゆったりとした低音は出ないと考えている人がいる。そういう人に低域のスピードの話をする。20㎝と38㎝のスピード感、20㎝のほうがスピードが速い、動きやすい、と話をしても理解されないことの方が圧倒的に多い。音の明瞭度や低域の量感の話はするが、低域のスピードや音に濁りの話にはならない。大きなボリュームで聴く人も多いが、大きい音で聴くことによる細部のごまかしに気付いておらず、小音量での聴きどころを知らない人も多い。
自分の音に自信がある人ほどこうした傾向は強く、私の考えに共感も得がたい。そういう人たちにもわかりやすいシステムを組むべきではないかと考えている。試聴者の持つ装置を半歩ないし一歩リードするようなシステムとはどうしたものか。わかりやすく実行しやすい音を示すことで、私の目指すものが少しでも理解されればうれしいと思うようになった。
そうは言うもののどう取り組むべきなのか。安価で大衆的なSPを組み合わせたり、まだまだ勉強の途中である。

また当店はさして来客店数も多くない。試聴は美味しいコーヒーでも飲みながら、時間をかけてじっくり聴いてもらいたい。ちょっと聴いただけではおそらくよくわからないと思う。聴き始めておよそ1時間も経てば当店の装置に耳が慣れてくる。すると音の判断ができるようになる。そうした間に音の判断のポイントや聴き方の説明を行う。そこが普通のオーディオショップと異なるところだと自負している。スピードの速さや遅さを理解してもらうことや、音どうしのにごりやよどみの存在、こうしたものをコントロール(すなわち私の考えるところのオーディオの調律)をしてこそ、純粋に音楽が楽しめるシステムができあがることを伝えていきたいのである。

当店は一般のオーディオショップとは違う。AH!の専門店であり、ベリヒテンを組み合わせた音の研究室でもある。AH!ブランドは文字通り常に驚きを提供するし、よりよい音の追求に前向きさとおおらかさをもっている。当店に試聴に来られるのに、試聴者が普段使っているケーブルや装置その他を持ち込んでもらってもかまわない。また当店で音の調律(セッティング)を勉強したいと来られるのも大いに歓迎する。そうした説明をするショップは今までほとんどなかったし、そうしたオーディオショップを私自身が欲していたのであるから。
ベリヒテンの成り立ちとその展開
2007年 11月 30日 (金) 23:46 | 編集
ベリヒテンが生まれたのはまったくの偶然と思いつきだった。
そもそもこの金属はオーディオとは全然縁のない産業で使われていた。ステンレスを基材にして複数の金属が混入する、硬度・強度を追及してつくられた合金だった。
「ただひたすら硬いから加工するのがすごく難しいんだ。」そんな愚痴にも似た製造者の言葉が、私の耳に残っていた。
これをオーディオのインシュレータとして使えないだろうか?
世の中にはチタンや石英そのほか様々な素材のインシュレータがある。硬いことを売りにしているものも中にはあった。だからというわけではないが、試作品として方形のインシュレータを作ってみることにした。
そしてこれが思いのほかオーディオの音を変化させたのだった。滲みが薄れ、音のつながりが良くなった。それまでもやもやとしていたものがすっきりと取り払われた、そんな感覚だった。その後試行錯誤を重ね、現在のようなネジ止めの形になっている。

装置の下においてこれだけ変化するのなら、ケーブルにも応用できないものか?
インシュレータとして使用していた円筒形のものの中にケーブルを通してみることにした。するとこれがまた音をより際立たせるほうに変化したのだ。そうしてケーブルスタビライザーは完成した。

この金属でなんとも不思議なのは、どんなに重ねて使っても音に金属のくせがのらないことだった。インシュレータとして下におき、底板をこの素材で作り、ケーブルに何本スタビライザーを通しても、音はますますクリアに繊細になっていった。それどころか皮肉にもその装置の、ケーブルの特長を際立たせる結果となってしまった。普通、金属には固有の音色がある。アルミの音、銅の音、その素材を使えば使うほど素材の音が音楽にのる。しかしベリヒテンにはほとんどくせがなかった。ベリヒテンをつけたケーブルを聞き比べると、ベリヒテンの音が聴こえるのではなく、ケーブルの音が聴こえた。アンプ、プレイヤーもまた然りだった。どんなにベリヒテンで固めてもベリヒテンの音にはならない。そのアンプの固有の音、プレイヤーの固有の音が冴え渡るのだ。
ベリヒテンを使うことで「音がなまった」という人も中にはいる。だがそれはベリヒテンのくせではない。装置のどこかに問題点があり、ベリヒテンによってそれが際立ったのだ。これがベリヒテンの大きな特徴のひとつだ。装置のくせを明確にしてしまうのだ。

これだけ音がクリアになるのなら、電源部分にも効果が期待できそうだ。そうした思いで作ったのがコンセントプレートだ。
もちろん私もウエスタンエレクトリックのような古いものから、最新鋭のものまで様々なノイズカットトランスを使用している。決して安くはないし効果もある。だがベリヒテンのコンセントプレートはそれらを超えて効果を発揮してくれた。さらに驚きなのは、ノイズカットトランスの出口側・入口側のどちらにつけても同様の効果があるということだった。ノイズカットトランスといえど、完全にノイズを消去しているとはいえないのではないだろうか。このことはもちろん私の所有するノイズカットトランスに限った話ではなく、多くのトランスに試した結果のことだ。ベリヒテンには磁場を消す能力があるのではないだろうか。ゆえにこれほど電源に効くのではなかろうか。

では果たしてなぜこの金属にそのような力があるのか。
正直なところ、私にもそのメカニズムはよくわかっていない。
あるとき県の工業試験場にベリヒテンを持ち込み、検査を行ってもらった。車のバッテリー部分にベリヒテンを装着し実験を行った結果、サーチライトは明るさを増し、電圧計の針が15から13Vに下がった。しかしこれだけだった。所詮町の片隅の小さなオーディオ屋。検証実験にそんなに資金を割り当てられるものではない。
しかし、ここから推察されるのは、優れた整流あるいは清流効果。そうした効果を期待して、私を含め、私の周りのオーディオマニアはいろいろなアイデアを出した。

確かめる術は自分たちの耳。幸い私の周りには音に対して優れた感性を持っている人間がそろっていた。
そしてベリヒテンを使い続けることで、知らず知らずに自分たちの音に対する感受性が鋭くなっていた。ベリヒテンは付帯なものを取り除き、本来の音を際立たせる。それ自身にくせはない。そうした音を聴き続けると、そのケーブルの、アンプの、プレイヤーの、スピーカーのそれ自身の音に近づくことができた。自ずと線一本、ツィータひとつの交換に敏感になることができた。
その中から、自分の好きな音を追求していくようになった。

今、ベリヒテンはルームチューニングや楽器の振動対策にも応用されつつある。
制振効果の応用として、チェロのエンドピンの製作依頼があった。楽器の調律師がベリヒテンについて人づてに聞いたようだった。私には思いもよらない、それでも納得のいく依頼だった。そのエンドピンは広島交響楽団のあるチェロリストから絶大な支持を得ることとなった。また音楽高校にあるピアノ(ベーゼンドルファー)のインシュレータとして使われてもいる。
自ら録音スタジオを造っているミュージシャンが録音用マイクスタンドやルームチューニングにベリヒテンを用いている。より自然でリアリティに満ちた音楽をとることができるという。
こうして、ベリヒテンは私の予想をはるかに超えた音楽の分野に広がろうとしている。

音の追求に終わりはない。敏感であればあるほど、細部が気にかかる。
「神は細部に宿る」というが、細かな変化に一喜一憂するほどに、ゴールの遠さも感じるのである。
喫茶店スタート
2007年 06月 03日 (日) 22:48 | 編集
いい音楽と美味しいコーヒーのある喫茶店、ゆったりした時間と空間のある居場所、そういう店を作ろうと考えた。
世の中にあるジャズ喫茶やクラシッククラシックした店は嫌いだった。
いい音で音楽が聴ける、コーヒーや紅茶の豊かな香りのする、忙中閑有の気分に鳴れる、そんな喫茶店。

もともとコーヒー好きだ。美味しいコーヒーの店と聞くと足を運ぶ。自分でもコーヒーを淹れる。豆を選ぶ。豆を挽く。淹れ方もいろいろ試み体得した。サイフォンも水出し、布ドリップ…。そして豆を自分で焙煎し始めた。

喫茶店をプロデュースすることとなり、試行錯誤の日々が始まる。
まず美味しいコーヒー。苦すぎず酸っぱすぎず、香り高い飲みやすいコーヒーを選択する。もちろんコストパフォーマンスも念頭に置く。
音は誰が聴いてもいい音のセッティングにしたかった。総額50万円程度のシステムで、家庭でそのままもって帰ってその音を再現できそうなもの。10坪程度の小さな部屋だ。出したい音はスピードが速く、切れがよくて、温かみのある音。芯があるけど部屋に広がる音。

初めは「物足りないね」と言われた。コーヒーも音も。やわらかいものを出しつつ深みと味わいを出すにはどうすればいいのだろうか。

コーヒーの場合、大型の焙煎機より小型のもののほうが香りがいい。しかし深みが足りない。
コーヒーに対する結論。
小型の焙煎機のほうが均一で香りの良い豆が仕上がる。どうしてもこの焙煎機を使いたい。しかし、深く煎りすぎると下手をするとこげた豆になってしまう。時々、深みと苦味を勘違いしている自家焙煎コーヒー屋に出くわす。いわゆる深煎りコーヒー。苦みばしっていいという人もいるが、言語道断、無知の知を知れといったところ。焼きすぎた肉が硬くてまずいのと一緒だ。
そこで調整したのが焙煎の温度。低温で長時間煎ることで香りと深みが増した。しっかり煎ることで日にちを経過しても酸味が増すのを防いでもいる。

豆は納得いくものができた。ではオーディオは?

オーディオのほうはまだ答えが出ない。
20㎝クラスのスピーカーを使うとスピードは速いが38㎝に比べ量感が足りない。世の中は米英製のスピーカーがブームだが、アンプとCDプレイヤーはもちろんAH!でオランダ製のためスピーカーも欧州製にすることにした。いろいろ考え、スピーカーはウーハーは伊製ジェンセン、ツィーターは仏製ジェンセンの2WAYに、エンクロージャーは1950年代の独製を選択した。ネットワークを通さない素の音がほしかった。透明感とスピードを出すためにはネットワークは不要である。私自身はフルレンジ一発の音が好きだが、ロックやポピュラーにも対応できるように、小型ではあるが広がりとエネルギーを出すため2WAYにした。
コンデンサー選びには苦労した。ウェスタンのオイルコンデンサーなど10種類程度の中から選択した。センターにリスニングポイントを取らなくていいように、左右どこの位置からでも音楽が広がって聞こえるためにはスピーカーのセッティング位置とコンデンサーの操作が肝要であった。
欧州製でまとめるとクラシックはよくなじんだ。ジャズやロックに合うようにベリヒテンを各所に使用してエネルギーとスピードをつけた。

ロック好きからはある一定の評価を受けるまでになった。しかし、私にはまだ物足りない。今後、低音のしまりと、量感・エネルギー感をもう少し出していく工夫が必要と考えている。

私のプロデュースした“Music Café BOZ”は広島市安芸区矢野西、JR矢野駅前にある。営業時間は12時から21時、定休日は火曜。
いまのところ、おかげさまで女性の方が多く来店され、「美味しいコーヒーです」「とてもくつろげる空間です」と好評をいただいている。
あけましておめでとうございます
2007年 01月 02日 (火) 00:30 | 編集
新年明けましておめでとうございます。
今年はブログをこまめに更新しようと思います。
オーディオについて、
「こんなテーマでかいてほしい」
というリクエストなどありましたらお知らせ下さい。
皆様のオーディオライフが少しでも充実できるよう
お手伝いさせていただきたいと考えます。
本年も宜しくお願い致します。
真空管クロック試聴記 その5 
2006年 11月 06日 (月) 04:48 | 編集
昨日も3人の訪問者があった。
まず二人で来られた方は、3試聴室で順々に聞いて頂、喜んでもらえた。特に16Aホーンについては「以前聴いたものよりもいい音がする」と評価をいただいた。

次に訪れたのはオーディオ初心者。
この方は近日新しくご自分の店をオープンさせる。そのBGMにAH!の装置を検討しているのだ。
二度目の来訪であったが、真空管クロックの音を聴き
「前より音に厚みがでましたね」
と感想をいただいた。
プロローグシリーズ1~7についてはまだまだ悩みどころであるようだ。
真空管クロック試聴記 その2
2006年 10月 19日 (木) 14:53 | 編集
バーイン2日目 いわゆるもっとも音の悪い時期。
前夜は8時間鳴らしっぱなしだった。
朝からおもむろに試聴。やはり音がよくない。音に奥行きがない。
どうにもまとわりつくような感じだ。
しばらく聴いているが、「バーイン終了待てない」
どうにもたまらずチューニング開始。

トップカバーを外す。
まずは真空管の交換。ついているものも決して悪いものではない。しかし音質を高めるのに真空管の交換は何よりも手軽で確実。
使ったのはTESLA E88 CC。これが自然で音楽性が高い。
このTESLA真空管はマニア間には周知のもので、人気も高い東ドイツ品である。
次に電源コードの交換。AC DIRECT KB8。更なる音質の高まりを期待。
そして、AH!広島ショップの真骨頂。berihtenでの調整だ。
内部ケーブルをこれに通すことで抜群の整流効果を発揮する。
さらにねじを交換。オリジナルは鉄製、これだと磁場を発生しかねないのだ。
なので、鉄製ねじを排除するだけでも音が変化する。


そして再び試聴。
ああ、どうだ、この変化!
バーインを一気に飛び越した。
ロック・ジャズ・クラシック、何を聴いても生々しい。
まるい音、強い音、やさしい音がそのまま耳に届く。
潤いのある豊かな音。こんな音は初めてだ!怖いくらい素晴らしい。

このCDプレイヤーはプロローグ3/5と同じにおいがしている。
3/5も厄介な装置で、そのままおくだけではとてもきつい音がして、ちっとも素直に鳴ってくれない。だがセッティング次第で素晴らしい音を出す。
おそらくAH!はコストパフォーマンスを図るため、外装やねじ等削れるところはそぎ落としてある。それらは装置を無防備にし、付帯音をより付帯させやすくしている。
ゆえに、AH!にセッティングは欠かせないのだ。
そしてberihten
一見なんでもない金属はAH!のもつ問題点を実に簡単に解決してしまう。

この真空管クロックも多くの問題を抱えている。
そのまま繋いだだけでは問題点が見えることもある。
だが、私は言い切る自信がある。
「真空管クロックは沈んだ音がする? 
それはあなたのセッティングに問題があるんですよ!」

さて、これからまだまだエイジングが進むと、一体どんな変化をもたらすのだろうか…

20061019114539.jpg

真空管の交換

20061019114452.jpg

オリジナルはドライバーの磁石にくっつく

20061019114512.jpg

ねじを交換


20061019114431.jpg

berihten(ケーブルスタビライザー)の装着
2006年 10月 17日 (火) 11:50 | 編集
新型真空管クロックがついに付きました。
これから試聴です。
まずノーマルで和室プロローグ1とジェンセンで聴きます。
バーインまで3日はかかるそうなので、ゆっくり評価します。
2006年 10月 16日 (月) 11:44 | 編集


真空管クロックです。


今週中には聞けます。

copyright (C) AH!広島ショップ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。