AH!広島ショップ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンプとスピーカー(以下SP)の相性
2007年 01月 26日 (金) 00:07 | 編集
たとえばSPを1本決める。そこから出る音をとことん良くしていこうと試みる。
SPのもつポテンシャルを最大限に引き出そうと努力する。
インシュレーターをかます。ケーブルを換える。ルームチューニングを考える。電源トランス・コンデンサー・・・そして、アンプやプレイヤーを選ぶ。
でなければ、アンプを決める。それに合うSPを探す。

自らのオーディオのレベルを上げるのもその方が有効なのではという推論。
ひとつの装置に注目し、その音よしあしで他の装置・部品の性能を確認することが、自分の耳の鍛錬になる。

ひとつの装置の能力をとことん追求することで、その装置の特徴を理解していく。その装置の能力を引き出すということは、そのオーディオシステムを細部にわたり見つめるということでもある。セッティングをつめてゆくには極端な話、線一本、ネジ一本突き詰める。
そのことは、言い換えると、自分の好きな音を追求する過程でもある。

オーディオとは本来「音楽ありき」のものであろう。自分の好きな楽曲、楽器の音、人の声、それを表現するのがオーディオである。そしてたとえ同じ楽曲であっても、聴く人によって好みの音のなり方が違う。オーディオがいい音で鳴っているというのと、好きな音で鳴っているというのは、同じようで違う。

その装置の特徴を知り、自分の好きな音を知っているのなら、SPに合うアンプはおのずと見えてくるものだ。

AH!が展開するEL34とKT88。
その音の特徴は前述のとおりである。
ひとつのSPがあって、そのSPはEL34とKT88のどちらが相性がいいのだろうというのは、実のところどちらがいいとも言えないのだ。
自分の聞くソースをどういう音で鳴らしたいのか。温かいやわらかい音のEL34と力強くエネルギー感のあるKT88。同じSPでもアンプを変えると音の表情も変化する。その変化を楽しむのもまたオーディオの妙である。

自分がどういう音を求めるのか、迷ったり悩んだりしている人は、ぜひ私どもの店に足を運んでほしい。
何度も試聴においで頂きたい。
セッティングで音がどんなに変わっていくのか、ご自分の耳で確かめてほしい。ご自分のお好きなCDを携えて、そのCDがEL34とKT88でどう違って聴こえるのかぜひ確かめてください。
オーディオは最終的にはその音がいい・悪いではなく、好きか嫌いかである。

追伸
年末年始ご来店された方々
そのときと今の音は変わっています。私どもの装置も日々チューニングと試聴の日々です。
ぜひまた試聴にお越しください。
スポンサーサイト
2つの真空管 その2
2007年 01月 14日 (日) 23:29 | 編集
AH!はEL34とKT88の2種類の真空管をもとにアンプを展開している。

前回、装置により音色が違うと言った。それは真空管についても言えることである。
世の中には様々な真空管があり、それぞれに個性のあることは周知のことだ。
ではAH!はなぜこの二種類を選択したのだろう。
それについての、私なりの考察。

真空管の交換は音質を変化させる手っ取り早い方法である。
真空管はその色をアンプに乗せる。

AH!のアンプはハイクォリティであると同時にコストパフォーマンスにも優れている。
それは真空管の選択にも表れている。
この二種類の真空管は比較的広く色々なメーカーが製作をしている。そのため入手が容易でグレードアップもしやすい。
AH!のアンプにはオートバイアス機能というものが付いている。これは文字通りバイアスを自動調整するものであるが、要するに新旧ばらばらの真空管でも、ペア管でなくても使用可能というのは、まったく驚きでありうれしいかぎりだ。

EL34とKT88はどちらが優れた真空管というものではないと考える。
それぞれに音楽的な特徴を持つ真空管だ。
端的に言うと前者は音楽性重視、後者はよりオーディオ的HiFi的と言えるだろうか。
EL34はまとまりのいい音で滑らかで潤いがある。弦楽器などの艶やかさを美しく表現する。心地のよい音を出す。フルレンジのシングルスピーカーやヨーロッパ系のスピーカーが合うだろう。音楽でいうならクラシック系、それも小編成のものや声楽などをやわらかく温かく奏でる。
KT88はエネルギッシュではじけた音を出す。一音一音が厚く、切れがよい。ドラムやトランペットが瞬間パーンと飛んでくる。明瞭度が高く瞬発力のある音がする。3wayやJBL,アルテックなどのスピーカーはKT88が旨くドライブする。ジャズやロック、オーケストラなどを鮮明に鳴らしきる。

聴く音楽で真空管を選び、装置やスピーカーを選択する、というのもオーディオの楽しみの一つではないだろうか。

次回はアンプやスピーカーとの組み合わせについて考えてみたい。
2つの真空管 その1
2007年 01月 06日 (土) 23:33 | 編集
なぜAH!は同レベルのアンプでEL34とKT88の2種類の真空管を使用しているのであろうか。
このことについて、いくつかの角度から考察をする。
2つの真空管には、当然違いがあるしその特徴がある。
だが、それについて語る前に、まずオーディオの“音色”について考える。

オーディオマニアはモニター的な音を好む傾向がある。
リアルな音、生に限りなく近い音を求めている。そのため音の色付けを排除しようとし、色のない音こそリアルな音だと考える。それがモニター的な音。
そして、中に入っているソースをリアルにしようとするとき、いらない音をつけないほうがいいというオーディオマニアは多い。
しかし、生に限りなく近いといえども、オーディオは所詮擬似音。

そこで、オーディオを一つの楽器になぞらえてみる。
そう、たとえばピアノ。
ベーゼンドルファーやスタインウェイ、名器といわれる楽器たち。
そこには“名器”以前にメーカーによる音色の違いが存在する。
それと同じように、オーディオにも“音色(ねいろ)”がある。
ピアノは調律を要する。音合わせをして初めて正しい音、美しい音を奏でる。
オーディオもまた“調律”が必要である。
付帯な音(おと)を取り除いてようやくその装置本来の音を出す。

「調律」と「楽器の音色」。本来はまるで別の次元の話だ。
しかし、オーディオマニアはそこを一緒くたに考えるから、おかしな話になるのである。

目の前のオーディオからリアルな音を求める。
求めるべき「リアル」さは、演奏の「リアル」でもあり、装置の「リアル」でもある。
オーディオは楽器であり、それぞれに音色(ねいろ)がある。
アンプしかり、プレイヤーしかり、スピーカーしかりだ。
さらに言うなら、レコードやCDにも録音された空気感といった音色(ねいろ)が存在する。

オーディオが擬似音である以上、色のない音はない。
大切なのは「調律」し「音色」を楽しむことである。
装置は音色をもち、聴くソフトもまた音色をもつ。

オーディオマニアはオーディオの「演奏家」であると同時に「調律師」であるべきだ。
以下はまるきり宣伝であるが、
「AH!のグッズ」と「ベリヒテン」はオーディオの調律にもってこいなのである。
それはまた後に語りたい。
あけましておめでとうございます
2007年 01月 02日 (火) 00:30 | 編集
新年明けましておめでとうございます。
今年はブログをこまめに更新しようと思います。
オーディオについて、
「こんなテーマでかいてほしい」
というリクエストなどありましたらお知らせ下さい。
皆様のオーディオライフが少しでも充実できるよう
お手伝いさせていただきたいと考えます。
本年も宜しくお願い致します。
copyright (C) AH!広島ショップ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。