AH!広島ショップ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オーディオマニアの音の聴き方
2007年 10月 30日 (火) 19:48 | 編集
オーディオから出てくる音について会話をしていると、何かしらの違和感を覚えることが多い。
私が感じる違和感は、あまり多くの人に賛同を得られることはないかも知れないが・・・。
そんな違和感のひとつ。

オーディオマニア100人が同じ音楽を聴いていても、それぞれは違う音を聴いている。流れてくる音はひとつでも、その音の判断基準は100種100通りだ。普段聴く音、それは聴くジャンルや装置、または環境により、その人の聴きどころが決まる。
 ときどき「やはりライブ会場の音はオーディオよりずっといい」というオーディオマニアがいる。確かにライブ会場には独特の雰囲気がある。演奏者の緊張、聴衆の興奮、両者の間の空気感というのは、なにものにも換えがたい感動を生むのはわかる。そうしたライブ、コンサートは私も大好きだ。
しかし、それと音の話は別である。楽器をニアフィールドで聴くのは結構しんどいものだ。我々は決してグランドピアノに頭を突っ込んで聞くことはない。
ライブ会場は反響音9割、生音1割。程度の悪いホールだとせいぜいそんなものである。ましてやマイクやスピーカを通して聴く音というと、どれほどが生の音といえようか。
 優れた調律師は演奏会場と演奏者に合わせて調律を行う。すると演奏者と調律師の意見が合わなくなることもある。演奏者と調律師が楽器を聴く立ち位置がそもそも違うのだ。楽器に寄り添って聴く演奏者と数メートル、数十メートル離れたところで聴く聴衆。届く音は異なる。
 そして音はマイクに拾われ、スピーカから拡声される。ましてやそれを録音、ということになるとマイクセッティングでその音はまったく変わってしまう。
 それらを鑑みて「生音が好き」といってもらいたいものだ。

音を聴くとき、自分の聴きたい音、聴きやすい音を聴いてしまう。低域を聴く人、高域を聴く人、このCDのこの曲のここの部分はどう聴こえるのか、そうやって装置を判断する人。
 当店にJBLの3WAYスピーカがある。D130・16Ω、スピード感がそれなりにあるウーハーなのだが、瞬間に聴くと中域のエネルギーが強いため、「もう少し低域がほしい」と言われる人もある。実のところそう言わせようと設定をしている。初めにそれを聴いてもらい、次に中域をカットする。すると「低域も出ているんですね」ということに気付く。そしてもう一度中域を復活させる。そうすると「低域もしっかり聴こえる」と言ってもらえる。もちろんヴォリュームも曲もまったく同じだ。
 これはどういうことだろう。おそらく頭の中で優先順位を決めているのだ。知らず知らずにそうやって出てくる音を判断している。だが、一度低い音に気がつけば、音を聴くことはできるのだ。
 自分の耳をニュートラルにすることは難しい。先入観とはいかないまでも聴くポイントのくせはある。自分の耳とはどこのポジションを中心に聴いているのか、それを自覚することはできるのではないだろうか。
 私にも音を聴く聴きどころがある。低域のスピード感、中域の厚み、伸びる高域、そうした聴きどころを理解してもらえる人とは自ずと会話が弾んでくる。

 「オーディオの音に敏感」と自負する人に問うてみたい。あなたの思うオーディオの音とはなんですか。
スポンサーサイト
NT4000のトランス
2007年 10月 07日 (日) 21:52 | 編集
AH !の誇るCDプレイヤー Njoe Tjoeb 4000 (以下NT4000)がもうしばらくすると販売中止となる。改めてこのCDプレイヤーを眺めるとこの価格にしては考えられないようなパーツや理論が盛りだくさんに詰め込まれている。たとえば真空管構成。DAC部とアナログ回路をカスタム設計。他社製品の真空管CDプレイヤーが出力バッファー段に対しのみ真空管を利用しているのに対し、NT4000は2本の双三極管を使用し、アナログステージはすべて真空管回路となっている。数々のグレードアップオプションもまた、よりリアリティを追求するに相応しい理論と性能を兼ね備えている。そして当店のベリヒテン(当店が誇る制振・表現力増大の特殊金属)もNT4000の音の表現力に力を発揮する。
当店のお客様も、ステューダA730や最新の国産CDプレイヤーと比較してもNT4000に軍配を上げている。
だがこのNT4000は全世界で残り数百台といわれている。欧州ではすでに販売中止、現在米国と日本のみの販売となっている。
そうしたNT4000であるが、驚くべきことに、発売中止になったにも関らずCDプレイヤーのレベルアップが図られる。それが今月末~来月より発売されるのが、真空管クロック専用の別電源である。
 (真空管でクロックを発振するユニット。真空管のリニアリティと低ノイズ特性で極めてクリーンで正確な波形が得られ、桁違いにジッターを改善するもの)
今当店でこの別電源の取り付け、試聴を行っている。結果としてはさらに音が生々しくなり、細かなディテールを表現するようになった。真空管クロックの一番の特長であるしまった低音とエネルギー感の放出が増大した。おそらくやわなスピーカーではこの明瞭さとエネルギーが完全に表現できないであろう。

 別電源トランスをきっかけに、当店ではひとつだけサンプルでこの電源トランスを上下にはさんでカバーするものをベリヒテンで作成した。ベリヒテンが電源に効果が高いのは、多くの人から評価を得ていることもあり、このカバーについてもある程度の効果は予想していた。だが、その変化は予想をはるかに超えていた。
このベリヒテンの有無を比較試聴するため、もともとある電源トランスへのベリヒテンの装着を試みた。
サンプルを使用したNT4000は内部をベリヒテンでチューニングしており、音のリアリティや滑らかさは充分に表現できていた。それが電源トランスをベリヒテンでカバーすることでさらに音の雑味が消失し、さらなる繊細で濃密なディテールを再現できるようになったのだ。これにはアップサンプラーをつけていなかったが、アップサンプラー装着と同様の細部にわたった表現力を得ることができた。まだたった一つしかない電源トランス用のカバーである。これを真空管クロック専用トランスにもダブルで取り付けるとどこまで明瞭度が上がるのか。工場をせかす日々が続いている。

AH!が音の追求に余念がないのと同様、当店もベリヒテンを用いたよりナチュラルで繊細な音の表現に試行錯誤を繰り返す日々が続く
copyright (C) AH!広島ショップ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。