AH!広島ショップ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音のバランス 音の基本
2008年 03月 23日 (日) 00:23 | 編集
当店にRCA社のLC-1というスピーカー(以下SP)がある。メインの試聴室にあるSPで、最近ようやくお客様からこの音の評価があがってきた。
RCA社はご存知の人も多いと思うが、米国の主に業務用のオーディオを手がけてきた。このLC-1というSPもラジオ局やスタジオで好んで使用されていたものだ。アルテックやウエスタン・エレクトリック(以下WE)・JBLとはまったく違うなり方がする。いわば対極の評価がされている。WEのSPが細かな音まで表現されるのに対して、LC-1はバランスの良く、そこに音楽があるといわれてる。一音一音の明瞭度はWEが勝るが、LC-1はモニターSPといっても細かな音の表現はあまり得意ではなく、音楽を表現するSPである。

製作されたのは1960年代、モノラルからステレオへ移行する時代に重なる。当時はステレオ録音がそろそろ主流にとってかわるころだった。モノラル録音でもステレオ録音でもモニターSPとして役割を果たす必要を迫られていた。故にとてつもなくバランスのよいSPとして仕上がっている。
さて、ここで言うバランスとは一体何だろう。

ステレオが発明された理由のひとつは、簡単に量感や立体感を出したいと考えたからだ。
例えば自宅の装置でモノラル録音のものを聴いたとき、ステレオと間違えるくらいの奥行きとか定位感とかが表現されているだろうか。もしそれが表現されていればモノラルで充分、録音もセッティングもSPもひとつで充分である。ステレオにする必要はない。ただ、録音も楽にリアリティを求めたり、簡単に装置もリアリティを求めたりするにはステレオのほうが楽で、そういったことから今では圧倒的にステレオが主流になってしまった。
かつてモノラルが主体の頃にステレオを出したとき、バランスのとり方に難儀した。ステレオをひとつの音として出るのに違和感があった。ステレオでもモノラル的なリアリティを求めた。そうしてできたのがLC-1だ。2WAYなのだが同軸のようになっている。
ステレオとはもともとひとつのはずの音源を二つに分ける。右と左の音が重なったところはよく聴くとにじんで聴こえる。これはよっぽど耳がよくないとわからないだろうし、モノラルを聴き続けていないと気がつかないだろう。そして、優れたモノラル装置はステレオと聴き違うほどに奥行きや定位感がリアルに表現されている。

LC-1のバランスの良さはモノラルに通じる。左右から出る音がセンターに浮いてひとつの音として聴こえる。当時はステレオとモノラルが混在し、両者を同様にバランスよく鳴らすことに技術者たちは心血を注いだ。しかし今はステレオの全盛期だ。現代のSPは3WAYの上にさらにスーパーツィータ・スーパーウーハをつける華やかさである。ひとつの音を二つから四つ、六つ…と倍々に増えている。果たしてそのバランスはどのように判断できるのであろうか。
当店にソナス・ファベールの小型SPがあるが、これについている取説にはSPスタンドの高さ・SPのポジションとリスニングのポイント・周波数のグラフが描いてある。セッティングをメーカーに示されないとよいバランスは得られないということだろうか。周波数を測定しないと音の確認はできないということだろうか。
左右のバランスだけではない。高域・低域・中域のつながりがどうなのか。奥行は、リアリティは…。

古いモノラルの蓄音機から聴こえる生々しい音を聴いたことがあるだろうか。ナチュラルで音楽性に溢れた音だ。
20センチ程度の小型のフルレンジSPを満足に鳴らすことができるだろうか。アンプの選択・ケーブルの選択・SPや部屋のセッティング…これらで音はどうとでもなるものだ。

結局、我々が判断しようとするのなら、古いものから学ぶことが最適と私は考える。
古いものには基本が詰まっている。先人たちは自らの耳を頼りに音を判断し調整した。古いものの音の出る仕組みを学んでこそ、現代の装置を自在に扱い、自分の好みの音に料理できるというものだ。

当店にあるLC-1にしてもいくらバランスがよく音楽性に溢れるといっても、置いてすぐそんな音が出るわけではない。古いものから基本を学び、体得し、現代のものであるAH!のアンプやプレイヤーと組み合わせ、ようやく鳴るようになったのである。そして現状に納得はできても、満足するわけにはいかないのも、オーディオに対する基本的な姿勢である。
スポンサーサイト
copyright (C) AH!広島ショップ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。