AH!広島ショップ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドイツビンテージスピーカー
2008年 08月 23日 (土) 08:24 | 編集
8月初旬よりAH!広島ショップにおいて、本格的にドイツビンテージスピーカーの仕入れ、販売を開始した。ぼつぼつと問い合わせも来ている。嬉しいことだ。
店での試聴用にアメリカ・イギリス・イタリア・ドイツといった各国のスピーカー(以下SP)を揃えてはいたが、販売用にどういったSPを扱っていこうかと悩むところがあった。海外の新しいメーカーのSPを仕入れてみてもなかなかしっくりとくるものがないのだった。AH!と同様に世界に通じる、世界から評価を受けるものを販売したいと思っていたところ、ドイツのコレクターから素晴らしいビンテージスピーカーを譲っていただくことが出来るようになった。
第一弾としてフィールドSPやツィーターなどを仕入れた。そしてこのたびは日本でも人気の高い1950年代のSPや前回想像以上に問い合わせの多かったツィーターを数セット入荷することとした。

ドイツビンテージスピーカーについては、日本ではその真価がきちんと評価されているとは言いがたいところもある。果たしてこれらのSPを熟知し、鳴らす環境を整え、そうした後に評価を行っているとは思えないのだ。ドイツSPはクールで無表情、それに比べてアメリカのSPは温かみあって抑揚が大きいという人がいる。その評価は的を射てはいない。
誠文堂新光社のプレミアムオーディオ№2に「クラングフィルムの系譜」という興味深い記事がある。ここにいくつかのSPの図面や外観の写真が掲載されている。ここから推察されることは、この時代の人々はSPを箱に入れるという考えをもっていなかったということである。SPはそのユニットのまま、板につけたり、柱に固定されたり、エンクロージャー(とじこめるもの)が存在していないのだ。
箱を用いてドイツビンテージスピーカーを鳴らすのはかなりの困難を極める。
低音がやたら強調されたり、高音が詰ったりする。フィールドSPはとても早い音にもかかわらず、音のきれは冴えない。こうしたことはドイツビンテージスピーカーを現在ご使用の方なら、うすうす感じているのではないかと思う。
例えば、テレフンケンなどは高音は出ないと一般に言われる。だが木の板では高音に変なピークをつけていることを理解できているだろうか。
ナチュラルな響きの高音はすぐに阻害されやすく、高音が出ていないように感じる。高音は出ているのだがそれが阻害されている、と分かる耳をもつことは簡単で難しいことだ。邪道だが、すぐれたツィーターを足せばこの問題はすこしは解決する。
そうしたことよりも、手前味噌だが、ベリヒテンバッフルを1度使用したら、すべて簡単に納得できる。
綺麗な中低音が出れば高音も出る。これが過渡特性のよいことにも繋がる。

あらためて言うならば、ドイツビンテージスピーカーは飾り気のない普通の音、ということだ。明快な高音でもなく、腹部に響く低音でもなく、どこも強調されることのない音だ。
傾向としてはウエスタンエレクトリック(以下WE)と似ていると言えなくもない。というよりドイツフィールドスピーカーが1930年代の製造であることから、WEなどもこれに学んだと考えるのが妥当であろう。当店の試聴室にあるWE555やRCA・MI‐1444の音の出方もテレフンケンに少し似ている。
 しかし、音質について言うならばドイツビンテージスピーカーはまさに多彩。どれを聴いても飽きることのない、次々と違うものを手にして聴いてみたくなるような、魅力的な音に溢れている。
ひとつの音楽、ひとつの楽曲をそれぞれのSPが個性豊かに表現する。まさにSPがひとつの楽器の様を呈している。
モーツァルトも演奏家や楽器によって違いがあるのと同様に、それぞれのSPでそれぞれに違った表現、そのSPでしか聴くことのできない音があるのだ。

 私の好きなクリフォード・ブラウンがなぜボーカリストやバイオリンとコラボしたのか、ブルーノート・プレイステージを中心とした録音ではなく、エマーシーというレーベルを選んだのか、このテレフンケン12インチを聴くと理解できた気がする。
 ホーンスピーカーでないとトランペット(金属)の音は出ないと言う人もいる。だが私は現在所有しているJBLオリンパスやWE555+16Aホーンよりもテレフンケンのほうがずっと生々しく聴こえるのだ。

 この音を是非みなに聴いてもらいたい。AH!もそうだが、これらドイツビンテージスピーカーもなんら修飾されないいわゆる普通の音だ。この“普通の音”が真に生々しい音であり、豊かな音であり、“普遍”の音だ。
当店とお付き合いいただき、ご来店いただき、じっくりと音を聴いていただけるのなら、きっとどなたにでもこの“普通の音”の素晴らしさが理解できるだろう。この音の良さを理解すればするほど“普通の音”が好きになるに違いない。
 だが、この“普通の音”を出すためには相当無駄な努力(無駄ではないが…笑)と苦労と知恵も必要だ。
そしてもうひとつ、このオーディオバカの言うことを最後まで信じてみようかという人間性と・・・。

スポンサーサイト
copyright (C) AH!広島ショップ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。