FC2ブログ
AH!広島ショップ
アンプとスピーカー(以下SP)の相性
2007年 01月 26日 (金) 00:07 | 編集
たとえばSPを1本決める。そこから出る音をとことん良くしていこうと試みる。
SPのもつポテンシャルを最大限に引き出そうと努力する。
インシュレーターをかます。ケーブルを換える。ルームチューニングを考える。電源トランス・コンデンサー・・・そして、アンプやプレイヤーを選ぶ。
でなければ、アンプを決める。それに合うSPを探す。

自らのオーディオのレベルを上げるのもその方が有効なのではという推論。
ひとつの装置に注目し、その音よしあしで他の装置・部品の性能を確認することが、自分の耳の鍛錬になる。

ひとつの装置の能力をとことん追求することで、その装置の特徴を理解していく。その装置の能力を引き出すということは、そのオーディオシステムを細部にわたり見つめるということでもある。セッティングをつめてゆくには極端な話、線一本、ネジ一本突き詰める。
そのことは、言い換えると、自分の好きな音を追求する過程でもある。

オーディオとは本来「音楽ありき」のものであろう。自分の好きな楽曲、楽器の音、人の声、それを表現するのがオーディオである。そしてたとえ同じ楽曲であっても、聴く人によって好みの音のなり方が違う。オーディオがいい音で鳴っているというのと、好きな音で鳴っているというのは、同じようで違う。

その装置の特徴を知り、自分の好きな音を知っているのなら、SPに合うアンプはおのずと見えてくるものだ。

AH!が展開するEL34とKT88。
その音の特徴は前述のとおりである。
ひとつのSPがあって、そのSPはEL34とKT88のどちらが相性がいいのだろうというのは、実のところどちらがいいとも言えないのだ。
自分の聞くソースをどういう音で鳴らしたいのか。温かいやわらかい音のEL34と力強くエネルギー感のあるKT88。同じSPでもアンプを変えると音の表情も変化する。その変化を楽しむのもまたオーディオの妙である。

自分がどういう音を求めるのか、迷ったり悩んだりしている人は、ぜひ私どもの店に足を運んでほしい。
何度も試聴においで頂きたい。
セッティングで音がどんなに変わっていくのか、ご自分の耳で確かめてほしい。ご自分のお好きなCDを携えて、そのCDがEL34とKT88でどう違って聴こえるのかぜひ確かめてください。
オーディオは最終的にはその音がいい・悪いではなく、好きか嫌いかである。

追伸
年末年始ご来店された方々
そのときと今の音は変わっています。私どもの装置も日々チューニングと試聴の日々です。
ぜひまた試聴にお越しください。
スポンサーサイト



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) AH!広島ショップ all rights reserved.
designed by polepole...