AH!広島ショップ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NT4000のトランス
2007年 10月 07日 (日) 21:52 | 編集
AH !の誇るCDプレイヤー Njoe Tjoeb 4000 (以下NT4000)がもうしばらくすると販売中止となる。改めてこのCDプレイヤーを眺めるとこの価格にしては考えられないようなパーツや理論が盛りだくさんに詰め込まれている。たとえば真空管構成。DAC部とアナログ回路をカスタム設計。他社製品の真空管CDプレイヤーが出力バッファー段に対しのみ真空管を利用しているのに対し、NT4000は2本の双三極管を使用し、アナログステージはすべて真空管回路となっている。数々のグレードアップオプションもまた、よりリアリティを追求するに相応しい理論と性能を兼ね備えている。そして当店のベリヒテン(当店が誇る制振・表現力増大の特殊金属)もNT4000の音の表現力に力を発揮する。
当店のお客様も、ステューダA730や最新の国産CDプレイヤーと比較してもNT4000に軍配を上げている。
だがこのNT4000は全世界で残り数百台といわれている。欧州ではすでに販売中止、現在米国と日本のみの販売となっている。
そうしたNT4000であるが、驚くべきことに、発売中止になったにも関らずCDプレイヤーのレベルアップが図られる。それが今月末~来月より発売されるのが、真空管クロック専用の別電源である。
 (真空管でクロックを発振するユニット。真空管のリニアリティと低ノイズ特性で極めてクリーンで正確な波形が得られ、桁違いにジッターを改善するもの)
今当店でこの別電源の取り付け、試聴を行っている。結果としてはさらに音が生々しくなり、細かなディテールを表現するようになった。真空管クロックの一番の特長であるしまった低音とエネルギー感の放出が増大した。おそらくやわなスピーカーではこの明瞭さとエネルギーが完全に表現できないであろう。

 別電源トランスをきっかけに、当店ではひとつだけサンプルでこの電源トランスを上下にはさんでカバーするものをベリヒテンで作成した。ベリヒテンが電源に効果が高いのは、多くの人から評価を得ていることもあり、このカバーについてもある程度の効果は予想していた。だが、その変化は予想をはるかに超えていた。
このベリヒテンの有無を比較試聴するため、もともとある電源トランスへのベリヒテンの装着を試みた。
サンプルを使用したNT4000は内部をベリヒテンでチューニングしており、音のリアリティや滑らかさは充分に表現できていた。それが電源トランスをベリヒテンでカバーすることでさらに音の雑味が消失し、さらなる繊細で濃密なディテールを再現できるようになったのだ。これにはアップサンプラーをつけていなかったが、アップサンプラー装着と同様の細部にわたった表現力を得ることができた。まだたった一つしかない電源トランス用のカバーである。これを真空管クロック専用トランスにもダブルで取り付けるとどこまで明瞭度が上がるのか。工場をせかす日々が続いている。

AH!が音の追求に余念がないのと同様、当店もベリヒテンを用いたよりナチュラルで繊細な音の表現に試行錯誤を繰り返す日々が続く
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) AH!広島ショップ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。