FC2ブログ
AH!広島ショップ
真空管クロック試聴記 その4
2006年 10月 31日 (火) 21:33 | 編集
真空管クロック付CDプレイヤーを聴き始めておよそ半月。
とにかくエージングに時間がかかり、なにか新たなことをするごとに音が安定するまでに数日を要する。

UpSamplerを取り付け、およそ100時間、その音のエネルギーとパワーに圧倒されはじめる。
この低域の量感も凄いが、低域のしまりは半端ではない。
これだけエネルギーと低域がでるとブーミーになり、部屋の影響を受けるはずだが、低域のしまりがよいとその影響を受けづらいことがわかった。
一音一音が明確に聴こえる。音に広がりと奥行きを感じる。
まさにスタジオ録音がライブ録音のように聴こえる。
マスターテープを超えた音だ!
そうしたとき、気がついた。
高域が割れている。
かすかなノイズが聴こえる。

システムの問題か、CDプレイヤーの問題か、それを確かめるべく他のシステムに移設することにした。
2つのシステムで試してみたが同様に高域の割れた音がした。
ということは、CDプレイヤーに問題があるとみられる。

他店では高域が割れるといった話はきかない。
うちとの違いはberihtenの有無である。
しかしberihtenはいらないものをそぎ落とすが、なにかつけたして音を変化させることはしない。
berihtenは使用することにより、装置が持っている本来のポテンシャルを限りなく引き出す。
そのため微妙な何かをリアルに表現しているのではないか

以前よりAH!のCDプレイヤーについて指摘されていた問題がある。
天板がチャチなのだ。
オリジナルの天板は薄くてたたくとひずみがある。
天板がハウリングしているのだ。(ただしかなり微細)
Berihtenはそれを拾って音を出してるのではないか。

しかし、本当に天板が原因のノイズなのであろうか。


以前から問題と考えいた天板を改良すべく、berihtenで天板を作成することにした。
この特注品がようやくできあがってきたので、それを取り付けることとした。
結果として、驚くべき改善効果があった。
もちろん高域の割れは消失した。
さらにエネルギーに溢れ、高域は静かになり、低域はしまりを増す。
だが、まだバーイン中であるのも明確になった。
圧縮された、今までにないきつい音がしている。

しかし、もう確信はある。
長いバーインのあとには、今まで聴いたことのないようなHiFiの世界になっているのだ。


次回はAH!広島ショップに訪れた3名の真空管クロック試聴談を取り上げる。
スポンサーサイト



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) AH!広島ショップ all rights reserved.
designed by polepole...