FC2ブログ
AH!広島ショップ
訪問者の感想
2006年 11月 03日 (金) 23:58 | 編集
真空管クロックを取り付けて幾人かの人が我がショップを訪れた。
彼らは細かな音を聴きわける素晴らしい耳を持っている。
日々、オーディオシステムについて議論し、実践し、よりよい音を追求している。

O氏はジャズ好き・アナログレコード好きだ。
NT4000を持ちムラードの真空管をつけている。
彼にはUpSamplerを取り付ける前に聴いてもらった。
彼曰く、
「アナログともCDとも違う音がしている。低域が素晴らしく締まっていて、エネルギーと情報量が驚くほどでている。音にCDくさいところがない。アナログと比べると今までのCDプレイヤーは音が薄かった。レコードに例えるなら、オリジナルプレスと再発版以上の差を感じる。レコードでなくてもCDで十分かも…」

M氏は絵に描いたようなオーディオマニアである。
「今まで自分の装置では聴いたことのない音がする。ホルストの惑星、低音のドラムが鈍りがちだがまったく鈍らない。カーペンターズのヘレンの声の余韻感が素晴らしくきれいだ。リチャードのマスタリングがちゃちなものに聴こえる。音の細工が手にとるようにわかる。人の声が素晴らしい。思わず聞惚れる。」

I氏はミュージシャンだ。ギター・ドラム・ボーカルなんでもこなす。
またレコーディングエンジニアでもある。
「スタジオ録音がライブ録音のように聴こえる。マスターテープを超えた音になる。生演奏よりリアルになっている。まだ少し首を傾げたくなるところもある。おそらくもう少しするとおちつくのだろう。」


以上、簡単に感想をまとめた。


スポンサーサイト



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) AH!広島ショップ all rights reserved.
designed by polepole...